クリニックの治療でほくろを除去!【美容整形外科で治療しましょう】

クリニックで治せます

顔に触れる女性

豆知識と種類ごとの特徴

黒褐色の色素を持つ細胞が、寄り集まったのがほくろの正体であり、これは美容整形外科で治療を受ければ除去できます。ほくろは色素細胞母斑とも呼ばれ、生まれた直後にあることは稀で、殆どの場合は3才を過ぎてからでき始めるのが一般的です。そして、美容整形外科では切る施術と切らない施術が用意されていますが、小さなほくろなら切る必要はなく、レーザーで蒸発させるように消せます。傷痕もあまり残らないため、綺麗に治したい時はピッタリな除去治療です。一方、レーザーで取れない大きさのほくろなら切る施術が最適で、周囲の組織ごとメスでカットしますから、再発防止率も非常に高くなっています。除去した後は切り口を縫合しますが、患部だけを円状にカットしますと、縫い合わせた時に両端がプックリと隆起しやすいのが基本です。そこで切開法でほくろを取る時は、紡錘状にカットしてくれるクリニックを選ぶのが豆知識になります。葉っぱのような形に切れば隆起のない一本線に仕上げられるため、美しく治せるのです。殆どのほくろはメラニン色素を持った母斑細胞の集合体であり、境界型と呼ばれるタイプがスタンダードになっています。これは表皮と真皮層の境界付近など、肌の浅い所で発生するほくろですが、紫外線を浴びればサイズが大きくなったり、増えやすかったりするのが特徴です。そして、表皮との境界ラインを超え、真皮層にまで母斑細胞が食い込んでいるのが複合型です。場合によっては真皮層の下部に達していることもあるので、取り除きたいなら美容整形外科で治療を受けた方が良いでしょう。また、真皮層だけで母斑細胞が集まったのが真皮内型であり、境界型や複合型から移り変わったのではないかと示唆されています。一方、老人性血管腫は、色合い的に赤みを帯びているのが特徴で、その名の通り高齢者に多いほくろです。このタイプは母斑細胞が原因ではなく、肌内の毛細血管が通常より多くできることで引き起こされます。基本的に放置していても無害ですが、自然に治りませんので、気になる場合は美容整形外科で治療しましょう。

男性医師

綺麗な肌が手に入ります

ほくろの治療はアンチエイジングケアに繋がり、綺麗な肌を手に入れることができるので人気となっています。美容外科での治療が特に人気となっており、治りにくいほくろが除去できると評判です。安全で確実な治療ができるため、初めての方にもオススメです。

レディ

サービスの質も向上中

美容外科ではほくろ除去治療において、レーザー治療と切除のどちらかを用います。ほくろの場所やサイズなどで適宜判断し、外見を損なわないよう取り除かれます。特典などが優れているクリニックも増えており、クリニック選びの基準にするのもよいでしょう。

女性

気になる部分を除去しよう

ほくろ除去は自分で行わず、自分の症状にあった美容外科で治療しましょう。申し込みは電話やホームページでできます。美容外科ではカウンセリングの後、患部に麻酔クリームを塗りレーザーを照射して治療が終わります。その後、会計後に薬をもらって帰ります。

看護師

黒子を治そう

ほくろ治療の費用は、保険の適用以外にも治すための期間や診察料などで大きく違ってきます。また美容外科で施術すると、1ミリあたり4千円から1万円程度の治療費がかかるでしょう。ただ美容外科で治す時は、料金以外にもカウンセリングや保証も重要です。

医者

最適な施術で治そう

炭酸ガスレーザーや電気メス、そして切開法など、美容整形外科では各々違ったメリットを持つほくろ治療が複数用意されています。ほくろの除去治療を受けた後は指示通りにアフターケアを行いますが、保険治療を希望する時は、予め問い合わせておきましょう。