黒子を治そう|クリニックの治療でほくろを除去!【美容整形外科で治療しましょう】

黒子を治そう

看護師

安く安全に治す方法

保険適用されるほくろ治療が必ずしも安いとは限りません。状況次第では、保険が適用されない自由診療の方がずっと安くなることもあります。たとえば美容外科で炭酸ガスレーザーを使ってほくろ治療した場合、保険が適用されないので全額負担になるのが普通です。皮膚科で炭酸ガスレーザー以外の施術法を選択すると、国民健康保険や社会保険が使えるので通常は3割負担になります。この点だけ比較すれば、美容外科より皮膚科で施術を受けた方がお得です。ただし皮膚科を受診すると、初診料で1,000円前後その後の診察料で500円程度かかっていきます。これに対して美容外科なら、初診の際のカウンセリング料が無料で受けられる病院が多いのでその分安上がりになるでしょう。また美容外科の施術は、治療後に傷が残りにくい炭酸ガスレーザーを使っておこなわれることが多いため短期間で終わることがよくあります。同じような治療費でも、短い期間で終了した方が安上がりなのはいうまでもありません。なお美容外科でのほくろの治療は、1ミリあたり4千円から1万円と幅が広いので単純な比較ができません。したがって、必ずいろんな美容外科のサービスと比較しながら選ぶことが大切です。なるべく安く治療したい場合は、値段をメインに考えてほくろ治療をするクリニックを探してかまいません。確かにその方が単純明快でわかりやすいので、無駄な時間をかけずに施術ができます。ただ同じような値段帯にみえても、よくみればサービス内容がまったく違うことがほとんどです。そんな事情があるので、やはり内容にもこだわりたい方はそうしたサービスも込みで施術する美容外科を探すようにしましょう。ちなみにほくろの治療の時に欠かせないのが、カウンセリングでの説明の丁寧さと保証です。カウンセリングが丁寧なら、事前にいろいろアドバイスが受けられるので納得したうえで施術が受けられます。さらに保証があれば、後々再発した時に期間限定で除去手術を受けることが可能です。再発することがよくあるほくろの治療をする上では、再度施術が受けられる保証付きのサービスは大変便利といえるでしょう。美容外科でのほくろ治療の料金が違うのは、執刀医の腕もさることながらこうしたサービスの違いもあるからです。ゆえに安いからといってすぐに飛びついたりせずに、サービス内容もひとつひとつ確認して損をしなくてすむ美容外科を選ぶようにしましょう。